Wes Montgomery – Full House

Jazz

Wes Montgomery – Full House
Recorded June 25, 1962 at Tsubo, Berkeley, CA
Reverside


1962年にバークレー “ツボ・クラブ”で録音された、ライブ・アルバム。
「The Incredible Jazz Guitar of Wes Montgomery」で一躍 ジャズ・ギター・プレイヤーとしての人気を獲得した2年後に録音されたアルバムですね。
テナー・サックスにジョニー・グリフィンを迎え、マイルスのリズムセクション(ウイントン・ケリー~ポール・チェンバース~ジミー・コブ)を加えた豪華なクインテットで絶頂期のウェスのライブ演奏を聴くことができます。

オリジナルの3拍子を基調にした表題の「Full House」が特に印象的でウエスのオクターブ奏法による超絶技巧が聴きどころ。グリフィンの存在感ある重量級のテナーとケリーのノリの良い流麗なピアノが気持ちいい。

「I’ve Grown Accustomen To Her Face」「Born To Be Blue」ではウエスの味わい深い美しいソロも聴くことが出来ます。間違いなくウェス・モンゴメリーの代表作に相応しい名盤だと思います。

Personnel
Wes Montgomery – guitar
Johnny Griffin – tenor saxophone
Wynton Kelly – piano
Paul Chambers – bass
Jimmy Cobb – drums

Track listing
1, Full House
2, I’ve Grown Accustomen To Her Face
3, Blue ‘N’ Boogie
4, Cariba
5, Come Rain Or Come Shine(take2)
6, Come Rain Or Come Shine(take1)
7, S.O.S.(take3)
8, S.O.S.(take2)
9, Born To Be Blue

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。