Eric Dolphy – At The Five Spot, Vol. 1 Vol.2

Jazz

 

Eric Dolphy – At The Five Spot, Vol. 1eric-dolphy-at-the-five-spot-vol.1
Recorded live at The Five Spot, New York on July 16, 1961.
New Jazz


エリック・ドルフィーがトランペットのブッカー・リトルと組んで、NYのクラブ ” ファイブ・スポット”で行った白熱のライブ・レコーディング。

ジャズ・ライブの中でも屈指の名盤として知られ、エリック・ドルフィー、ブッカー・リトル、マル・ウォルドロンの熱くエキサイティングでエネルギッシュな演奏が聴ける最高のアルバムです。

リトルの死によって短期で解消せざるを得なかっただけに、本作のレコーディングは大変貴重で、ドルフィーの独特なスタイルとリトルのストレートなトランペットの融合がたまらなくいい感じです。

ドルフィーの超絶テクニックで有名な「Fire Waltz」は凄まじく、メンバーの一瞬たりとも気が抜けないアドリブの応酬にライブならではの熱気と緊張感が伝わってきます。「Bee Vamp」ではリトルの魅力が詰まったトランペット・ソロが最高にカッコイイ!!し、バス・クラリネットを吹きまくるドルフィも圧巻の一言・・・などなど、まさに聴きどころ満載の1枚と言えるでしょう。

また、ピアノの名手マル・ウォルドロンとベースの巨匠リチャード・デイビスも忘れてはならない存在なのは言うまでもありませんね。いつ聴いても色褪せない正真正銘の名盤です。

Personnel
Eric Dolphy – bass clarinet,alto sax
Booker Little – trumpet
Mal Waldron – piano
Richard Davis – bass
Ed Blackwell – drums

Track listing
1. Fire Waltz
2. Bee Vamp
3. The Prophet
4. Bee Vamp (Alternate Take)



Eric Dolphy – At The Five Spot, Vol. 2
Recorded live at The Five Spot, New York on July 16, 1961.
Prestige

Vol.2ではブッカー・リトルの激しく熱いソロが聴きどころの「Aggression」縦横無尽に吹きまくるリトルが何とも素晴らしい。大好きな「Like Someone in Love」では終始穏やかな雰囲気の中、哀愁を帯びたドルフィーのフルートが秀逸。

Vol.1 Vol.2共に歴史的価値も含め、長く聴き込める名盤なので是非聴いてほしいアルバムです。

Personnel
Eric Dolphy – bass clarinet,alto saxophone,flute
Booker Little – trumpet
Mal Waldron – piano
Richard Davis – bass
Ed Blackwell – drums

Track listing
1. Aggression
2. Like Someone in Love

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。