プラチナスノーオニキス

アクアリウム

プラチナスノーオニキス

カクレクマノミの改良品種されたプラチナスノーオニキスを迎えました。(o^∇^o)

ショップではいい感じで共生していたライムグリーンのとっても綺麗なイボハタゴイソギンチャクも一緒に購入しましたが、今は見向きもしない状態が続いています。Σ( ̄ロ ̄lll)

刺胞毒に対する耐性が失われてしまったようで、購入当初はイソギンチャクに体の一部を少し触れて慣らしている仕草を見せましたが、このところサッパリです。
実のところプラチナオセラリスが第一候補だったのですが、ネットで見たこの個体のオレンジと白のコントラストの美しさにやられました・・・可愛いでしょ? ( /^ω^)
元々は「カクレクマノミ」なので飼育は容易だし、すぐ懐いてくれるのでかなりお勧めです。

 

イボハタゴイソギンチャク

ライムグリーンのイボハタゴイソギンチャクは思った場所に定着してくれなくて困っています。(TωT)

光が満遍なく当たり水流も程ほどの場所の砂の下にライブロックを敷いてみると良いとか・・・・ ライブロックをイソギンチャクを囲うように並べてみると良いとか・・・・ 色々試しましたが、まぁ生き物なのでこちらの都合の良いようにはいきませんね。

今は擬岩の隙間に挟まれる様な格好で落ち着いています。Σ( ̄ロ ̄lll)

暫くは放置ということで、仕方がありませんね。

何か良い方法を知っている方は是非教えてくださいね。(人´∀`*)

 

Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonボックス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。