2018
07.06

Gerry Mulligan / Night Lights

Jazz

バリトン・サックスでジャズを開拓したジェリー・マリガンの人気盤ですね。
心地よく優しいメロディーが聴ける「ナイト・ライツ」はタイトルどうり”都会の夜”のムードが漂う暖かみのある曲調です。マリガンと言えばピアノ・レスの印象が強い様ですが表題曲の「ナイト・ライツ」ではマリガン自身のピアノを聴くことができるのも興味深いところですね。

また、プレリュード イン Eマイナー(原曲はショパンの24の前奏曲作品28 第4番 ホ短調)ではアート・ファーマーの哀愁を帯びたトランペットが実に美しいメロディーを奏でます。

その他も「カーニヴァルの朝」「フェスティヴァル・マイナー」など親しみやすく聴きやすいナンバーが揃っているので、気軽に大人のジャズを楽しめるアルバムに仕上がっています。

Track listing
01.Night Lights (1963 version)
02.Morning of the Carnival (Manha de Carnaval)
03.In the Wee Small Hours of the Morning 5:37
04.Prelude in E minor
05.Festival Minor
06.Tell Me When
07.Night Lights (1965 version)

Recorded :  September 12 and October 3, 1963
Label : Philips

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA